よくあるご質問

Faq

水回り工事

トイレ・浴室の交換工事の工期はどのくらいですか?

・トイレ交換工事:2〜3日程度
・ユニットバス交換工事:3日程度(商品の発注から納品までに14日程度かかります。)
・在来風呂からユニットバスへの取り替え工事:7〜10日程度

リフォーム工事

リフォーム工事の費用が後から増えることはありますか?

当社では追加工事などで費用が増える場合、必ず事前にお見積もりをした上で施工いたします。また材料などについても細かく設定した上で、お見積もりをいたします。

リフォーム工事や住宅設備工事はどんな工事会社に依頼すればいいの?

信頼や実績のある工事会社を選択することをおすすめします。当社は創業50年。大阪ガスの特約店として、これまで多くの施工実績を積み重ねてきました。またハウスメーカーや工務店のリフォーム工事なども多数請け負っています。

オール電化とガス併用はどちらがいいの?

家族構成や生活スタイルなどによって、オール電化の方が安くなるケースと、ガス併用の方が安くなるケースがあります。ガス・電気の住宅設備のプロとしてアドバイスいたしますので、ぜひ当社へご相談ください。

キッチン・トイレ・浴室の取り替え工事の工期はどのくらいですか?

・キッチン取替工事:3日程度(商品の発注から納品までに時間がかかるものもあります。)
・トイレ取替工事:2〜3日程度
・ユニットバス交換工事:3日程度(商品の発注から納品までに14日程度かかります。)
・在来風呂からユニットバスへの取り替え工事:7〜10日程度

リフォーム工事を行う目安を教えてください。

クロスや壁など、内装の傷みが目立つようになってきたり、水道の止まりが悪くなってきた、音がうるさくなってきたなど、なんらかの問題が生じてきたりしたら、リフォーム工事を検討するタイミングです。このようなサインがあったら、ぜひ当社へご相談ください。

建て替えかリフォームかを決める基準を教えてください。

木造住宅の平均寿命は30年程度ですので、これを一つの目安と考えてください。建て替えの場合は引越し費用など、建物以外の費用もかかります。一方、リフォームの場合は、少し不便さはありますがリフォーム期間中もそのまま住み続けることができるため、費用的には少し安く済みます。

住宅の建築や建て替えについても相談できますか?

住宅の建築や建て替えをご検討されている方も、ぜひ当社へご相談ください。信頼できる大手ハウスメーカーや工務店をご紹介するのはもちろん、満足のいく住宅を建てられるよう、住宅設備のアドバイスなども行います。

ガス工事・ガス機器工事

ガス給湯器の寿命はどのくらいですか?

使用頻度や家族構成などにもよりますが、一般的に家庭用ガス給湯器の寿命はおよそ10~15年程度と言われています。給湯器が故障する主な原因は、経年劣化による部品の摩耗や基盤の故障などです。全くメンテナンスを行っていない場合、なんとなく不調なまま使い続けて、最終的に故障してしまうケースがほとんどです。 各メーカーでも標準的な使用条件下で安全上支障なく使用できる設計標準使用期間を定めており、家庭用ガス給湯器は「10年」と設定されています。実際には10年以上使用できるケースも多いですが、保守部品が無くなった時点でメーカーによる修理対応ができなくなり、対応できる場合においても修理費がかかります。そのため給湯器の交換目安は、設置後10〜15年と考えておいてください。 また給湯器の定期メンテナンスを行うことをおすすめします。

ガス瞬間湯沸器は自分で取り付けできますか?

ガス瞬間湯沸器の取り付けにはガス工事の免許が必要です。免許をお持ちでなければご自身で取り付けることはできませんので、有資格者が在籍している当社にご依頼ください。

エアコン取り付け工事

エアコンを交換したいのですが、既存配管は利用できますか?

既存配管の再利用はもちろん、隠蔽配管の再利用の実績もあります。現地調査にて既存配管の利用ができるかを確認した上で、可能な限りお客さまのご要望に沿ったご提案をいたします。既存配管の利用によるリスクがある場合も、正しくご説明いたします。

冷媒配管洗浄とはなんですか?

既存配管を利用してエアコンを交換する際に、配管の内部を洗浄する作業のことです。既存配管を利用するには、既存のエアコンを撤去する際にフロンガスを室外機にポンプダウン(室内機と配管の冷媒を室外機に閉じ込める作業のこと)する必要があります。ポンプダウンができない場合、部品の摩耗によって生じた鉄粉などのゴミや劣化したオイルによって既存の配管内が汚れていることがあり、この汚れを落とすために冷媒配管洗浄が必要になります。ミヨシテックではフロンガスの回収と冷媒配管洗浄を自社で行っているため、既存配管を利用したエアコン交換の費用を抑えることができるのです。

ガスエアコンから電気エアコンへの取り替え工事

隠蔽配管とはなんですか?

建物の建築時に、壁や天井裏などに配管を埋め込んで表から見えないように施工することを隠蔽配管と言います。隠蔽配管でエアコンが取り付けられていると、家電量販店などでエアコンの交換を断られることがあります。 ミヨシテックは隠蔽配管のエアコン交換も対応可能です。自社で配管洗浄を行うことで、低コストで既存配管を活用することができます。

エアコンを交換したいのですが、既存配管は利用できますか?

既存配管の再利用はもちろん、隠蔽配管の再利用の実績もあります。現地調査にて既存配管の利用ができるかを確認した上で、可能な限りお客さまのご要望に沿ったご提案をいたします。既存配管の利用によるリスクがある場合も、正しくご説明いたします。

冷媒配管洗浄とはなんですか?

既存配管を利用してエアコンを交換する際に、配管の内部を洗浄する作業のことです。既存配管を利用するには、既存のエアコンを撤去する際にフロンガスを室外機にポンプダウン(室内機と配管の冷媒を室外機に閉じ込める作業のこと)する必要があります。ポンプダウンができない場合、部品の摩耗によって生じた鉄粉などのゴミや劣化したオイルによって既存の配管内が汚れていることがあり、この汚れを落とすために冷媒配管洗浄が必要になります。ミヨシテックではフロンガスの回収と冷媒配管洗浄を自社で行っているため、既存配管を利用したエアコン交換の費用を抑えることができるのです。

家庭用ガスエアコンにはどんな種類がありますか?

家庭用ガスエアコンには、大きく分けてガスヒートポンプエアコン(GHP)とガスシステムエアコン、ガスエアコン(イーナエアコン)の3種類があります。

  • ・ガスヒートポンプエアコン
    ガスエンジンでコンプレッサーを動かし、暖房運転と冷房運転を行います。大型の室外機一台で複数の室内機を稼働させるマルチ方式です。
  • ・ガスシステムエアコン
    ガス給湯器で作った温水を循環することで暖房運転を、専用の電気ヒートポンプ式室外機で冷房運転を行います。
  • ・ガスエアコン(イーナエアコン)
    ガスヒートポンプエアコン(GHP)のようにガス屋外燃焼方式(冷媒加熱式)で暖房運転を、冷房運転は同じ室外機で電気ヒートポンプ式で行います。一台の室外機で複数の室内機を稼働できるマルチ方式のものもあります。大阪ガスではi:na(イーナ)エアコンと呼ばれていました。

給湯器交換工事

ガス給湯器の寿命はどのくらいですか?

使用頻度や家族構成などにもよりますが、一般的に家庭用ガス給湯器の寿命はおよそ10~15年程度と言われています。給湯器が故障する主な原因は、経年劣化による部品の摩耗や基盤の故障などです。全くメンテナンスを行っていない場合、なんとなく不調なまま使い続けて、最終的に故障してしまうケースがほとんどです。 各メーカーでも標準的な使用条件下で安全上支障なく使用できる設計標準使用期間を定めており、家庭用ガス給湯器は「10年」と設定されています。実際には10年以上使用できるケースも多いですが、保守部品が無くなった時点でメーカーによる修理対応ができなくなり、対応できる場合においても修理費がかかります。そのため給湯器の交換目安は、設置後10〜15年と考えておいてください。 また給湯器の定期メンテナンスを行うことをおすすめします。

ガス瞬間湯沸器は自分で取り付けできますか?

ガス瞬間湯沸器の取り付けにはガス工事の免許が必要です。免許をお持ちでなければご自身で取り付けることはできませんので、有資格者が在籍している当社にご依頼ください。

業務用ガスヒーポン(GHP)

ガス空調機器にはどんな種類がありますか?

ガス空調機器には、大きく分けてガスヒーポン(GHP)と吸収式冷温水機(ナチュラルチラー)の2種類があります。現在の日本では快適さやランニングコストだけではなく、環境に配慮したエネルギー利用も求められています。そのためクリーンなエネルギーである天然ガスを利用し、省エネルギー性に優れたガス空調機器が評価されており、オフィスビルやデパート、病院、公共施設といったさまざまな空間で利用されています。

電気式ヒートポンプエアコン(EHP)

隠蔽配管とはなんですか?

建物の建築時に、壁や天井裏などに配管を埋め込んで表から見えないように施工することを隠蔽配管と言います。隠蔽配管でエアコンが取り付けられていると、家電量販店などでエアコンの交換を断られることがあります。 ミヨシテックは隠蔽配管のエアコン交換も対応可能です。自社で配管洗浄を行うことで、低コストで既存配管を活用することができます。

冷媒配管洗浄とはなんですか?

既存配管を利用してエアコンを交換する際に、配管の内部を洗浄する作業のことです。部品の摩耗によって生じた鉄粉などのゴミや劣化したオイルによって既存の配管内が汚れていることがあり、この汚れを落とすために冷媒配管洗浄が必要になります。ミヨシテックではフロンガスの回収と冷媒配管洗浄を自社で行っているため、既存配管を利用したエアコン交換の費用を抑えることができるのです。

見積もり・依頼・支払い

まずは見積もりだけ依頼したいのですが、費用はかかりますか?

現地調査・お見積もりは無料です。LINEのメッセージにて「修理・交換をしたい製品や施工場所の写真」と、「お住まいの市区町村/修理・交換をしたい製品のメーカー・品番/ご相談内容やご希望の工事内容」をお送りいただきましたら、概算の見積もりも可能です。お気軽にご相談ください。