家庭用GHPや隠ぺい配管のあれこれ

ガスエアコンから電気エアコンへの取り替え工事

2022.06.14

Column

はじめに

日本には四季があり、それに伴って活躍してくるもの。それは冷房や暖房の機能があるエアコンです。でも、いざ使ってみよう!と電源ボタンを押しても、エアコンの効果が感じられないといったことはありませんでしょうか。そんな時、新しいものに取り換えることを検討すると思います。しかし、皆様のご自宅のエアコンがガスヒートポンプエアコンや隠蔽配管だったりしませんか?その場合は取り換えを家電量販店にお願いしても断られてしまうことが多いです。

この記事では、そもそも家庭用ガスヒートポンプエアコンや隠蔽配管とはなにか、なぜ断られることがあるのか。また、断られたときにどうすればいいのかを説明していきます。

ガスヒートポンプエアコンとは

1台の室外機で複数の室内機を動かせるガスを使用したパワーのあるエアコンです。

電気エアコンは、モーターでコンプレッサーを動かすように、ガスヒートポンプエアコンは室外機内のガスエンジンでコンプレッサーを動かして冷暖房を行ないます。
ですからガスが供給されるのは、ガス給湯器と同じようにガスヒートポンプエアコンの屋外に設置している室外機だけです。
この為、直火で暖房を行う灯油ヒーターと違い、お部屋での燃焼がないので安心で、しかも空気もクリーンです。

残念ながら家庭用ガスヒートポンプエアコンはすでに販売を終了しているため、現在メーカーで取り扱われているガスヒートポンプエアコンは業務用となっております。

ですので、家庭用ガスヒートポンプエアコンやガスシステムエアコンからのお取替えは電気エアコンとなります。また、設置されているガスヒートポンプエアコンのほとんどが隠ぺい配管で取り付けられています。

隠ぺい配管とは

家屋の建築時に壁の内部、天井裏などに埋め込みによって配管が見えない様に工事を施工する事を指します。

隠蔽配管だと、建物の内観や外観の見た目がきれいなままエアコンを設置でき、室外機と離れた場所でもエアコンが設置できたり、ベランダがない場合でもエアコン設置が可能ですし、既存の配管を再利用して新しいエアコンに取り換えることもできます。しかし、配管が長いので、冷暖房の効き目が悪くなったり、配管まわりのトラブルは対応が難しくなります。

隠ぺい配管が断られてしまう理由・・・

先ほど述べたように、隠ぺい配管は既存の配管を再利用できるのですが、家電量販店では、リスクを伴うエアコン工事は基本的に受け付けていません。

というのも、隠ぺい配管やガスヒートポンプエアコンは特殊な技術が必要なため、工事には時間も費用も多くかかってくるので、少しの利益でもたくさん販売して多く稼ぐ家電量販店はこのような工事を断る傾向にあります。

また、有資格者が対応しなければならないガス工事自体が出来なかったり、仮に有資格者が居たとしても日常的にガスの工事を行っていないことによる不慣れな作業で、ガス漏れなどの不具合が発生してしまうリスクが高くなるので、危険をおかしてまで工事を請けたくないのかもしれませんね。

家電量販店で断られてしまったら・・・

断られてしまったらどうすればいいのか。それは専門業者への依頼です。

ミヨシテックでは、既存の隠ぺい配管を自社にて配管洗浄を行い、低コストで既存配管を再利用することが可能です!

お客様よりお電話を頂きましたら現地調査にお伺いすると決めております。既存のエアコン設置状態や配管系・信号線数等、詳細確認の為に必ず現地を訪問・確認させて頂き、お客様のご希望に合ったプランを提供させて頂きます。

また、営業・施工と一貫して自社で行うほか、お客様とのやり取りも担当者が最後まで責任をもって対応させて頂きます。
ガスエアコンからの交換で多い隠ぺい配管を再利用する際に必要な「配管洗浄」も自社施工しますので安心な上、工事コストも他店と比べても負けません。

交換した後のエアコンは家電リサイクル対商品ですので、法律にのっとり正しく処分させて頂きます。

最後に

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

ミヨシテックでは家庭用ガスエアコンからの電気エアコンへの交換は地元、寝屋川・枚方・交野にとどまらず、京都・大阪・兵庫・奈良とご連絡いただければ可能限りお伺い致しますので、難しい隠ぺい配管で諦めておられる箇所も一度ご相談下さい。何か解決できるお手伝いをさせて頂きます。

ミヨシテックは地域密着で様々な設備の工事をおこなっています。ぜひお気軽にご連絡ください。