キッチンリフォームの費用はいくら? 費用を 抑えるポイントも解説

お役立ちコラム

2023.10.19

Column

キッチンリフォームによってシステムキッチンを導入すると、キッチンに統一感が生まれて機能性や収納性が高まります。このようなキッチンリフォームをするにはどれくらいの費用が必要なのでしょうか。

本記事では、キッチンリフォームにかかる費用相場や費用時応じたリフォーム例などを解説します。

キッチンリフォームの費用相場

キッチンリフォームの費用相場は66〜143万円(税込)ほどです。しかし、費用相場はあくまで目安です。実際はどのようなリフォームを施すか、どのようなメーカーの商品を選ぶか、現在のキッチンがどのような状況かなど、さまざまな理由によって費用相場は変動します。そのため、約50万円未満であってもキッチンにリフォームを施すことが可能です。

費用に応じたキッチンリフォームの例

キッチンリフォームは費用に応じてどのようなリフォームができるかが異なります。そのため、リフォームを予定している場合は、予算に応じたリフォーム例を把握しておきましょう。

ここでは次の費用別にキッチンリフォームの例をご紹介します。

  • 約50万円未満
  • 約50~150万円未満
  • 約150万円以上

約50万円未満は部分的なリフォームが可能

50万円未満のキッチンリフォームの場合、部分的な工事が可能です。例えば、コンロの設置や食洗器の交換などの工事であれば、約50万円未満で施工できます。

また、コンパクトなミニキッチンであれば、約50万円未満で施工できるかもしれません。

約50~150万円未満は大幅なリフォームが可能

約50~150万円未満の予算があれば、キッチンの大幅なリフォームが可能です。一般的にレイアウトを変更するとなると費用は高くなる傾向にあります。

例えば、壁付けのままでリフォームするよりも、壁付けから対面式に変更する方が費用は高くなります。

リフォーム費用を左右するのはキッチンのレイアウトだけではありません。I型やL型など、導入するキッチンの形によってもリフォーム費用は変化します。一般的にI型、L型、ペニンシュラ型、アイランド型の順で値段は高くなります。

約150万円以上で大規模な配管工事が必要なリフォームが可能

約150万円以上費用が発生するのは、水道やガス、電気など大規模な配管工事が必要となるキッチンリフォームです。特にキッチンを別の階に移すリフォームになると、約200万円以上の予算が必要になるケースがあります。

さらに特注品を使用する、内装補修が広範囲で発生する場合などは費用が跳ね上がってしまいます。

キッチンリフォームで覚えておきたいキッチンの種類

キッチンリフォームの費用を左右するのが、導入するキッチンの種類です。キッチンの種類は大きく次の2つに分けられます。

  • 対面式キッチン
  • 対面式キッチン以外

それぞれさらに細分化可能で、メリット・デメリットがあるため、リフォーム前に把握しておきましょう。

対面式キッチン

対面式キッチンはオープンキッチンとしても知られています。対面式キッチンであれば、目の前に壁がないため、料理中であってもダイニングの様子を確認可能です。

対面式キッチンには次のような種類があります。

  • アイランドキッチン
  • ペニンシュラキッチン
  • I型キッチン
  • L型キッチン
  • セパレートキッチン

対面式キッチンいずれにも共通するメリット、デメリットは次の通りです。

メリット ①開放的でキッチンから部屋を見渡せる
②キッチンからでもダイニングの様子が分かる
③料理を提供しやすく食器を下げやすい
デメリット ①キッチンのニオイがダイニングに伝わりやすい
②コンセントの差し込み口が確保しにくい
③作業する様子が周囲から見える

アイランドキッチンは四方に導線を確保可能

アイランドキッチンとは壁に一切接していないタイプのキッチンです。その様子が島に似ているため、アイランド(島)キッチンを呼ばれています。

アイランドキッチンは四方を回廊式に導線を確保できるので、移動しやすい、作業をしやすいのが特徴です。

しかし、設置にあたってはキッチンの四方を確保できるだけの広い空間が求められます。

ペニンシュラキッチンはアイランドキッチンよりも費用を抑えられる

ペニンシュラが半島を意味するとおり、ペニンシュラキッチンは左右どちらかだけが壁に接しているキッチンです。ペニンシュラキッチンはアイランドキッチンのように回廊式の導線は確保できません。

 

  • クローズドキッチン
  • 壁付けキッチン

対面式ではない場合、メリット、デメリットはキッチンの種類によって異なります。

クローズドキッチンは料理に集中できる

クローズドキッチンは部屋のように、キッチンが壁で囲まれているタイプです。

クローズドキッチンのメリット、デメリットは次の通りです。

メリット ①料理に集中できる
②ニオイが他の部屋に行き渡らない
③キッチンの整頓状況が周囲から見えない
デメリット ①家族とコミュニケーションを取りにくい
②配膳・片付けに時間がかかる
③採光がしづらい

クローズドキッチンであれば、対面式キッチンと異なりニオイが他の部屋に行き渡ることはありません。

しかし、リビングやダイニングとは区切られているため、家族とコミュニケーションを取りづらい傾向にあります。そのため、小さい子どもがいる家庭の場合、料理中に子どもの様子を確認する必要があります。

壁付けキッチンは壁に窓を設置できる

壁付けキッチンは背面キッチンとも呼ばれ、正面が壁に接しているキッチンです。壁付けキッチンは従来の日本のキッチンの代表的なレイアウトとして知られています。

壁付けキッチンのメリット、デメリットは次の通りです。

メリット ①リビングやダイニングが広くなる
②窓を設置できる
③集中して料理できる
デメリット ①キッチンの後ろに家電や家具を置きづらい
②キッチンの様子が周囲から分かりやすい
③後ろにスペースがあると人とぶつかる可能性がある

壁付けキッチンはリビングやダイニングが広く使えるだけでなく、正面の壁に窓を設置できます。キッチンの正面の壁に窓を設置できれば、ニオイがこもるのを防げます。

しかし、壁付けキッチンの場合、後ろに家電や家具を配置しづらい、後ろを通った人とぶつかる可能性があるなどのデメリットも考えられるでしょう。

キッチンリフォームの費用を抑えるポイント

キッチンリフォームはまとまった費用が必要です。そのため、少しでもリフォーム費用を抑えるには次のポイントを意識するのがおすすめです。

  • アウトレット品を導入する
  • システムキッチンのグレードを検討する
  • 複数の業者に見積りを依頼する
  • キッチンの場所は動かさないようにする
  • 必要な機能を絞り込む

1. アウトレット品を導入する

型が古くなった、展示品といった理由のアウトレット商品を導入することで、リフォーム費用を抑えられます。しかし、アウトレット商品は保証期間が通常と異なる可能性があります。そのため、導入前に保証期間を確認しておきましょう。

2. システムキッチンのグレードを検討する

キッチンリフォーム費用の多くを占めるのがシステムキッチンです。システムキッチンにはさまざまなグレードがあります。グレードが上がれば費用も高くなるため、リフォーム前にどれくらいのグレードのシステムキッチンを導入するか検討しましょう。

実物を確認するにはショールームに足を運ぶのがおすすめです。

3. 複数の業者に見積りを依頼する

キッチンリフォームは複数の業者にリフォーム費用の見積りを依頼しましょう。キッチンリフォームの費用を抑えるにはキッチン本体の価格だけでなく、撤去も含む工事費用も確認が必要です。

そのため、複数の業者に見積りを依頼して、その中でも費用を抑えられる業者に施工を依頼するのがおすすめです。

複数の業者に見積りを依頼する際は以下のポイントを意識しましょう。

  • 見積りが有料な可能性がある
  • 見積りを依頼する業者は3~5社にとどめておく
  • 間取り図を用意しておく
  • 対面の打ち合わせを心掛ける
  • 地元で長く事業をしている会社(老舗)を選ぶ

見積りが有料な可能性がある

一般的に見積りの作成は無料で依頼可能です。しかし、中には見積り作成を有料としている業者もあります。

また、見積り作成が無料であっても、業者の対応地域外や詳細な見積りの依頼になるようなケースでは有料になる可能性があります。

そのため、見積り依頼が無料かどうか、どの範囲であれば無料で対応可能かを事前に確認しておきましょう。

見積りを依頼する業者は3~5社にとどめておく

見積りを依頼する業者は3~5社にとどめておくのがおすすめです。キッチンリフォームの見積り依頼の場合、入念な打ち合わせが必要です。そのため、多くの業者の費用を確認したいからといって、いくつもの打ち合わせを重ねていては時間がかかってしまいます。

間取り図を用意しておく

自宅の間取り図があれば、見積り依頼時に業者に提出しましょう。間取り図があれば高精度の見積りを提案してもらえます。

対面の打ち合わせを心掛ける

業者に見積り依頼をする場合、電話やメールで連絡して見積り書を郵送してもらう、メールしてもらうなどは避けましょう。業者に見積りを依頼する際は、対面の打ち合わせを心掛けることが大切です。

見積り書だけでは施工内容が判断できません。そのため、対面の打ち合わせで不明な点を質問するようにしましょう。

4. キッチンの場所は動かさないようにする

キッチンリフォームの費用を抑えるには、場所を動かさないようにすることもポイントです。キッチンの場所を動かすと、床の補修や水道、電気工事も必要です。

例えば、壁付けキッチンから対面式キッチンに変更する場合は、リフォーム費用が高額になってしまいます。

また、同じレイアウトであってもシンクとコンロの場所を入れ替えるといったリフォームも費用が高額になる傾向にあります。

5. 必要な機能を絞り込む

リフォームを機に、さまざまな機能が備わったシステムキッチンを導入しようとするかもしれません。しかし、システムキッチンは機能の増加に伴って費用も増加する傾向にあります。

そのため、リフォーム費用を抑えるのであれば、必要な機能を絞り込みましょう。さまざまな機能が備わっているからといって、毎回全ての機能を使用するわけではありません。どのような機能がキッチンを使う上で必要かを洗い出すことが大切です。

費用以外で覚えておきたいキッチンリフォームの注意点

キッチンリフォームを実施する際は、費用に加えて次のような注意点を把握しておきましょう。

  • キッチンを利用する人の数
  • ライフプランを考えたリフォーム
  • 依頼する業者の実績やアフターサービス

キッチンを利用する人の数

キッチンを利用するのが決まった人なのか、複数人で利用するのかを明確にしておきましょう。キッチンを一人が利用するのであれば通路や導線は省スペースで済みます。

一方、複数人で利用することがあれば、通路や導線を十分に確保する必要があります。

ライフプランを考えたリフォーム

キッチンのリフォームはまとまったお金が必要なため、何度もできるわけではありません。キッチンリフォームをしたら数十年使い続けるのが一般的です。そのため、ライフプランを考えたリフォームを心掛けましょう。

例えば、高齢になると筋力が低下してドアを開閉しづらくなるかもしれません。また、高い場所を使わなくなる可能性もあります。このような将来の状況を踏まえて、ドアを減らす、高い場所に収納コーナーを作らないなどのリフォームを施しましょう。

依頼する業者の実績やアフターサービス

キッチンリフォームを依頼する業者を選ぶ際は、過去の実績に着目します。多くの業者はホームページを運営していて、自社の施工事例を掲載しています。そのため、業者の施工実績はホームページで確認可能です。キッチンリフォームの施工実績が豊富な業者を選ぶようにしましょう。

また、依頼業者がどのようなアフターサービスを用意しているかの確認も大切です。アフターサービスの内容は業者によって異なります。定期点検、無料修理の対応など、どのようなアフターサービスをどの程度のスパンで、いつまで受けられるかを確認しましょう。

キッチンリフォームを実施するには費用相場を把握しておこう

キッチンリフォームの費用相場は、66~143万円(税込)ほどですが、どのようなリフォームを施すか、どのようなメーカーのキッチンを導入するかなどによって変動する可能性があります。

一般的に約50~150万円未満であれば、キッチンのレイアウトの変更、キッチンの形の変更などが可能です。水道やガス、電気など大規模な配管工事が発生するリフォームとなると、約150万円以上の費用が必要になります。

キッチンは対面式、対面式以外のキッチンに大きく分けられ、それぞれにメリット、デメリットがあります。

キッチンリフォームの費用を抑えるには、複数の業者に見積りを依頼する、キッチンの場所を動かさないようにする、必要な機能を絞り込むなどのポイントを意識しましょう。キッチンの場所を動かすリフォームを施すと、大規模な工事が必要になってしまいます。

また、キッチンリフォームを実施する際は費用とあわせて、ライフプランに応じたリフォーム、依頼する業者の実績、アフターサービスなども考慮するのが大切です。